退職代行サービス

退職したいけど言い出せない。。

環境的に今の現状を考えるとすぐに辞めれない。。

けど会社を辞めたいという方へ。

今スグ辞めたい方へ

今すぐ会社を辞めたい方に関しては至急情況をお聞かせください。

貴方に会った最適な退職方法を見つけ出し早急に退職手配を致します。

料金はシンプル!!

正社員の場合

アルバイト・派遣の場合

一律45.000円 税込み

一律25.000円 税込み

アルバイト・派遣の場合

一律25.000円 税込み

今スグではないが辞めるタイミングできっちり辞めたい方

タイミングを見て自分が辞めたい時にすぐに退職できるようにしておきたいという方へ

  • 具体的にいつ辞めたいのか
  • どういった理由がいいのか
  • 退職に関わる給与についてどうしたいか
  • 退職に関する書類等について

上記を踏まえた上であとはこちらにお任せください。

会社を辞める事は簡単にできるんです!!!

民法第627条1(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
  1. 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
  2. 期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。
  3. 六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三カ月前にしなければならない。
民法第626条(期間の定めのある雇用の解除)
  1. 雇用の期間が5年を超え、又は雇用が当事者の一方若しくは第三者の終身の間継続すべきときは、当事者の一方は、5年を経過した後、いつでも契約の解除をすることができる。ただし、この期間は、商工業の見習を目的とする雇用については、10年とする。
  2. 前項の規定により契約の解除をしようとするときは、3箇月前にその予告をしなければならない。
民法第628条(やむを得ない事由による雇用の解除)
当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

Wikipedia 自己都合退職 参照

そうは言っても・・・・いえ、言いたい事分かります。

民法で定められているからと言って自分で話をする程勇気が持てない。。。そんな情況ではない。。

⇒そうですよね。だから我々がいるんです。

貴方に合った退職方法をご提案し実行します。

人それぞれ退職理由や退職方法は異なります。

自分の今置かれている立場でもすんなり辞める事ができるのかどうか。

気になる事はまずはご相談ください。

必ず我々が救います。

料金は一律なので安心安全!!

退職ができるまで電話でのサポートは何度でもい無料!!

お問い合わせ

TEL 0120-783-865

お気軽にご相談下さい。
誠心誠意対応させていただきます。

※お客様のメールアドレス・電話番号に誤りがある場合が非常に多いです。その場合返信メールが送信できません。ご注意ください。

電話でご回答を求める場合はメッセージ本文に電話番号の記載をお願い致します。